は離婚、養育権、財産分与、接近禁止命令等,離婚に関連した内容を扱う。

離婚の手続き

  1. Petition File(離婚を申し出た人をpetitioner, それに返答する人を. Respondentとする)
  2. Petition Fileを法廷に受理した後、相手側に法廷に申請書を受理した事を知らせる書類を通達する。
  3. 相手側は一ヶ月以内に応答(answer or response)しなければならない。
  4. 一ヶ月以内に応答が無ければ Default になる。
  5. 配偶者が(Respondent)が一ヶ月以内に応答すると正式な裁判が始まる。
  6. 応答の有.無に関係なく判決文を受けるまで七ヶ月から九ヶ月の期間が所要される。
  7. 多くの州で即成離婚を認めない。
参考 離婚手続きが終了後でも養育権、養育費については再調整申請を要請する事が可能、又は不足な部分について異議申請を再起する事が可能なので 徹底的に書類を準備する事が重要でもある。

簡易離婚の条件

  1. 婚姻期間が5年に未満
  2. 養子縁組を含め双方の間に子女がいない。
  3. 養育権、養育費、慰謝料の紛争がない
  4. 双方の間で共有負債が$6000 未満、個人負債が$6000未満、又共有名義の財産が$38000未満である事。
  5. 双方が同時に離婚届けを出す。この場合はPetitoner、RespondentではなくHusband 、Wifeと 称する。
  6. 簡易離婚の場合、離婚届けを出した日から六ヶ月後に判決文を申請する事が可能である。これは即成離婚と異なる。
参考: 離婚の手続きが始まると養育権、養育費、面会権(訪問権)の順で協議し、その後に慰謝料を決定する。
  • 簡易離婚 : カルフォルニアの場合 Joint summary Disolution of Marriageが簡易離婚に該当する。この手続きを進行するには次の条件を満たさなければならない。

相談のみ

相談する内容を正確に書いて頂き、電話番号、若しくはメールアドレスを正確に記載するようお願い致します。
相談費用につきましては、相談内容を把握した後その費用をお知らせ致します。
クレジットカードでお支払い下さい。

離婚申請